「味知」との遭遇 三浦雅楽之助 誓願寺 

台風21号の被害は上陸した当地よりも案外その周辺で発生したようです。

150号線を走れば看板が落ちている個所も散見されていましたが、「やはり」と思ったのが東名高速道路。下り車線の富士~清水間は昨晩夜8時までは通行止めでした。

 

先日滋賀県日野から三重の鈴鹿山脈超えをチャレンジしたことを記しましたがあの鈴鹿スカイラインが通行止めになっているそう。おそらく未だ通行止めの解除はされていないと思いますね。通常時でもリスキーな道を感じましたので。

ヘタをすれば来年までそれが続くこともあり得ますね。

昨日は繁忙の為前日集めた落葉の処理ができないでそのまま放置していましたが、夜間に報じられた三重県に大雨注意報に驚いてゴミ袋3つを屋根の下に移動しました。

予報では晴れの筈だったのですが・・・また台風22号が北上して週末をうかがっているようです。まったく・・・カンベンしてもらいたいですね。

 

さて、丸子の誓願寺にて。以前うろついた際に初めて目にした人の墓ですが、「未知」という家の区画がありました。その前を通過しなければ片桐且元夫妻の墓に当たりませんのでどうしても立ち止まらないわけにはいかなくなります。

 

まず目にとまるのが「駿州横山城主~」の石標と中心に建つ「味知家」の墓碑。

横山城は「興津の?」と思う所。そちらは元今川領で武田信玄に落とされたあとは北条氏と激戦があった城ですが、「味知」なる名はまさに未知。

家紋は「三つ引き両」で相模三浦氏と同様。関連は不詳。

右手前の笠塔婆形墓石には三浦雅楽之助の名があり東照宮(家康)より軍功によって「味知」の名を賜ったとのこと。

家康が三浦の名を嫌ったのか何故に姓を変えたのか、これも不詳。ひょっとして「あの三浦」のイメージが強すぎたのかも。

 

遠州の今川系家臣団が武田に浸潤された後、武田に付いて徳川に掃討される姿は目にしましたが、駿河の今川配下が武田に攻略されていく中、徳川配下に至るタイミングというものが今一つわかりません。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    酒井とも (水曜日, 25 10月 2017 14:55)

    こんにちは。webに逸話がありました。本姓は三浦氏なんですかね?

    広野の味知(みち)家由緒

    家康公が広野村(駿河区)へ鷹狩りに出掛けた際、昼食を家臣の家から献上された。この弁当がとても美味しいので、その屋敷に立ち寄ったところ、その家の庭に一本の大きな柿の木があった。食通の家康公は、その柿を食したところとても美味しかったという。そこで家康公は、昼食も美味しいし、柿も美味しかったため「この家の姓は今後“味知”と名乗れ」と言われ今日に至っている。味知家に伝わるこの柿は、以後毎年9月17日に久能山に献上する慣わしとなった。

  • #2

    今井一光 (水曜日, 25 10月 2017 20:32)

    ありがとうございます。
    私もそのお話を聞いたことがあります。
    珍しい名でまんざら作り話とは言えないでしょうね。
    しかし墓地の石標の件、「駿州横山城主~」はどうしよう・・・というところです。
    その辺りのお話が挿入されていると「ふむふむ」と思うところ大なのですが・・・
    おそらく口伝として色々あるのかとは思いますが、文書としては消失してしまっているのかと思います。

  • #3

    酒井とも (木曜日, 26 10月 2017 09:56)

    こんにちは。
    すみません、住職さんは逸話は存じていたのですね。失礼致しました。

    今川館陥落時までの横山城主は興津氏のようですね。味知氏はその与力だったのか?
    本姓が三浦氏ではなく、興津氏もしくはその一族でしたら、うなづける話なのに。
    伝承に関わる事柄の一つが横山城に有って、それが伝播したのですかね。


  • #4

    今井 一光 (木曜日, 26 10月 2017 22:27)

    ありがとうございます。
    以前、掛川西郷の北条氏の墓石についてブログにて記しましたが
    そちらの御当主は元々北条を名のっていたといいます。
    そしてそれら小田原北条家とのつながりを記した古文書が残っていたそうですが
    経年と天災が重なって消失し今やそれを証するものはなく、口伝のみとなってしまった
    ことを嘆いていました。説得力がなく荒唐無稽と揶揄されることを嫌ってもはやどうでもいいようなことをおっしゃっていました。
    各家に残る伝承というものもハナから拒絶することなく、大事に聞いて吟味する必要がありますね。しかし角度の違った「文書」の3点も存在しないと史実からは遠い「作り話」にされてしまうのです。
    横山城については謎ですが、味知家には確固とした「何か」伝承があるのでしょうね。