小原鎮実の処断 怨念の播種 「富本」地名の転訛

昨日朝方の空気で「完全に夏は去った」とそれを名残惜しく感じ入ったものですが、まだまだ半袖シャツ1枚にて過ごすことができました。

やせ我慢ではなく、何をするにしろ快適な時間をおくれますね。

ただし就寝時無防備と、うたた寝は禁物です。

 

西から天気が崩れる予想が出ていますので、私は地頭方処分場ゴミ処理に一往復してからお方様のご上洛(叔母自宅掃除と除籍等手続き)のため金谷まで見送りました。

通常ならバスにて静岡まで行ってもらいますが今回は東名高速の集中工事がありますので、直接在来線乗車コースを選択しました。

 

大して強さを感じませんでしたが一日中風が吹いていました。夕方の天気予報でも強風注意報が出ていたくらいです。

私は連日に渡ってバイパスを利用したのですが昨日も「前代未聞」の現場に遭遇しました。

昨日はやはり翌日の雨天の予報があったためか、連休前にやっつけようという意図か、この辺りのお茶農家は一斉に早朝より三番茶の刈り入れをしています。

茶農家によっては3回目以降の収穫は「肥料代にもならない」と期待値の低い仕事のようですが、これはこれでペットボトル用になる茶葉ですので行き場所はしっかり用意されています。

 

ここで思いだすのが新茶シーズンに入ったばかりのペットボトルの新茶マーク。どの程度の量の新茶を混ぜればそれを掲げた商品になりうるのか甚だ疑問ですが(そもそも新茶が出回る前から店先に並びます)、ここ地元の人に言わせれば「ひでぇインチキ」と。

間違っていたらごめんなさい。私も大いにそう思います。

 

いずれにせよ茶葉は鮮度が一番。刈りいれたら瞬時に工場に持ち込まなくてはなりません。

選別も厳しくここでの検収が農家の信用を左右させますね。

鮮度の悪いもの劣悪な素材を納入すれば出入り禁止になるとも聞きます。

 

よって茶葉用の大きな袋を満載山積みにしたトラックがバイパス上を「はやくはやく」という感じで行き交っていました。

ところがその積載の様子たるやかなりというか超のつくイイ加減さ。

そこにあの強風ですから何と私の昨日の金谷1往復で茶袋3袋が路上に転がっているのを見ました。

そのうちの1つは車線のど真中、コレは通報しなくてはならないと思って減速しながら思案していれば前方にトラックを路側帯に駐車しドライバーらしき人が必死の形相でその荷を回収に走っているところでした。

 

あとの二つは既に走行車両に当たってしまったのか中身の茶葉が半分以上出ているものでした。なんとも連日の「のどかなド田舎」を見た気がしましたが、「事故が起きなくて幸い」とご当人たちが思ってくれなくてはしょうがないですね。

目前にあのデカ袋が迫った際は一瞬パニックに陥りますよ。

後続車が事故ってしまったらそのまま行ってしまいそうで怖い・・・袋に名前でも書いてあるのでしょうかねぇ。

 

さて、昨日ブログの小原鎮実続き。

信玄に追われて逃げ延びて行き着いたところが今川恩顧で旧知の小笠原長忠の元。まぁ花澤城から駿府方面、東方に逃亡するという選択肢はなかったでしょうが・・・。

そこを小笠原が手を貸すなど「さらさらない」と言ったかどうだかわかりませんが拒絶したあげく、(おそらく)軟禁し自害に追い込んだというものでした。

 

尚、彼の息子には彼同等に「憎まれ役」の三浦宗有がいますが、他に小原甚兵衛なる子が居て、花澤城脱出後は父に従わず、越後に流浪したと「藤田鶴南」氏(「高天神の跡を尋ねて」)にあります。甚兵衛は上杉謙信に仕え、その子の四郎右衛門は景勝に仕えたとのこと。

単独で越後に息子をやったことが事実だとしたら小原鎮実の判断は大正解だったということですね。一緒に高天神城に参ったら連座させられることは違いないところ。

そういう意味では鎮実は小笠原の出方についてまったく信じてはいなかったのでしょうね。

 

さて、昨日記しましたが小原鎮実が種まき、怨念の嵐を招いたその処断とは吉田城時代の龍拈寺(こちらも)門前で処された「串刺し」事件でした。

これは事件として誇張された部分があるような気もしますし、裏切りに対しての人質の処遇としてはお決まりコースの時代ですから、まぁ時代と状況からして「致し方ないこと」とは思われますが、そもそもあの「串刺し」事件はあくまでも今川氏真の命令があったからこそだと思います・・・。

誇張というのはその「串刺し」表現ですね。

磔にされて槍で衝くという方法がオーソドックスな処刑方法ですが、どこかでその表現に怨念と悪意によって変じたのかもしれません。しかし残忍非情さでは秀吉による秀次事件には及ばないでしょう。

 

龍拈寺で処刑されたのは人質として吉田城で暮らしていた奥三河は「山家三方衆[やまがさんぽうしゅう](~三河物語)」と呼ばれる①作手、奥平氏②長篠、菅沼氏③田峰、菅沼氏の婦女子たちです。彼らは戦国の「家」に生まれて今川―武田―徳川の勢力争いの中、大いに翻弄させられたグループでした。

 

話は飛びますが、大河ドラマはこれから戦国時代を離れますが、予想として次の戦国採用大本命は明智光秀(私の勝手)。また、相当突っ込んだところですが希望を含めてこの奥三河国衆周辺の危機的状況の数々を描くというのも面白いところです。

小原鎮実も当然に悪役としての登場が期待できますし。

 

処刑された人々は「十三人」といわれます。

この数字というものは各説があってハッキリしませんが龍拈寺から離れた「富本」という町名がある場所、現在は田原街道(国道259号)愛知大学前の北の「富本町」交差点のさらに一つ北に「高師口」という陸橋のある大きな交差点がありますが、その付近に埋葬されたとのこと。

交差点には小さな石碑が立っています(場所はこちら)。

 

その近く、豊橋駅方向に向かった福岡町に地蔵と看板が立っています。

数年前の画像ですが看板は更新されているかもしれません。

 

石田三成は関ケ原戦直前に結果的に細川ガラシャを殺しますがそれが徳川方の団結心を強固にさせる要因となったことは確かです。

看板の通りに裏切りの代償をあのような苛烈な形で負わせれば今川氏真と直接手を下した小原鎮実への恨みは絶対的団結心となって発現するでしょうね。

高天神城主小笠原長忠はそこのところ、家康はもとより三河衆に忖度して、小原鎮実の入城を拒絶、腹を切らせて首を家康への「手土産」にしたのでしょう。

 

私がホントかよ・・・と思ったのが「富本」という町名が実は「十三本」からと。「本」とは何か?

「人」「首」「からだ」「磔柱」「槍」・・・

「富本」はキラキラネーム・・・?

 

また「十三」のつく墓や塚、そして「富」がつく地名は日本全国に渡って見られます。「富塚」なる苗字もありました。

いろいろ決めつけはイケませんが・・・

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    野村幸一 (金曜日, 06 10月 2017 10:08)

    それが本当の話だと、縁起の悪そうな名字になってしまいますね。『富本』字面だけ見れば良いイメージですけども。13本、首ですかね?

    当家の奥方の旧姓は点の無い『冨』が付く名字ですが、やはり13が絡んで来るのか??

    仕事上で関係のあった人物で『富本』サンがいました。一見とても気さくで優しい良い人の感じでしたが、実は打算的で底意地の悪い方でした(笑)

    13という数字はやはり良い意味無いのですかね?13階段、13日の金曜日、私の出席番号13番…。

  • #2

    今井 一光 (金曜日, 06 10月 2017 17:40)

    ありがとうございます。
    ブログはごく稀な説を私の無責任で勝手な思いを書き散らかしているだけですので
    笑い飛ばしていただければと思います。
    日本の「十三」という数字は
    「13階段、13日の金曜日、出席番号 13 ?・・・」とは全く関係なし。
    おそらくベースにあるイメージとしては「あの世の差配」(十王+三)の「十三」・・・「十三仏」であり中国の道教思想と仏教のミックスから土俗的民間信仰として日本人の精神に
    秘かに残っている「数字」なのだと思います。
    よっていろいろな立場の人たちがいろいろな状況(良し悪し関わらず)でその数字を使用したという経緯があってその「正確な数」は案外どうでもイイことであって(11~13以上・・・?)とにかくその数を使用することに意義があったようです。