無嗣改易も復活  菅沼定実兄弟愛  新城菅沼家

昨日は東京方面からの参拝がありました。

時間があるということで、静岡行のバスの発車時間を見計らって菅山の石油の里(史料館)と塩買坂の今川義忠の墓を私の運転でご案内しました。

相良には詳しいつもりだったそうですが、「石油の件」は初めてで喜んでいただいたようです。

 

塩買坂は30分おきに出る相良ターミナル発の静岡行特急の時間調整のオマケでした。菅山の石油井戸からあっという間(5分程度)の距離ですから。

ざっと得意になって説明させていただきました。義忠からの今川家のお話は「伊勢宗瑞」を抜きにしては語れませんね。

 

檀家さん、非檀家さん関わらず、「ボランティア案内させていただき〼」。お気軽に問い合わせください。

 

さて、三河菅沼氏について諸流あることはブログにて記しました。たまたま新城の泉龍院にて菅沼家末、「菅沼さん」の墓参に遭遇したときのお話も特筆ものでした。

 

菅沼一統は今川・武田・徳川、時に織田という「戦国」を代表する猛者どもの割拠する地にあって稀にも後世まで繁栄した家系であることは井伊家同様です。時に「滅亡」の憂き目にあうことなど当然の時代でしたから。

所詮その生き残りのキーポイントとなった人といえば、徳川が一目を置いた菅沼定盈です。彼の名が「大御所様の歴史」に燦然と輝く功績を遺したからこそのその家系が続いたといっても過言ではありませんね。

 

その菅沼定盈の六男として野田城で生まれた菅沼定芳は伊勢長島藩二代藩主(初代は兄定仍)-近江膳所藩主-丹波亀山藩4万1000石初代藩主まで上り詰めます。若くして2代将軍秀忠付となっていたこともそのトントン拍子の背中を押したことも確かでしょう。菅沼定芳の碑も先の新城の泉龍院の菅沼家墓域にありましたね。

57歳で亡くなりますが亀山藩を継承したのが菅沼定昭(さだあきら)。ところが彼は正室も側室もとることなく世継ぎ不在のまま23歳で急逝してしまいます。

その後生の一大事「まさか」の事案に、菅沼家は何らの対応もできずにいわゆる幕府の処断、無嗣改易とあいなりました。

 

当時お家断絶については条件厳しく、幕府方としても問答無用で潰しに入っていた時代でもありました。ところが幕府方の温情の特例処置がなされて定昭の異母弟の菅沼定実に菅沼の名跡を継がせるいうことで復活。その幕府の気配りがイカしていて先祖ご縁の三河新城だったわけです。

定実は新城1万石の拝領で、「大名」格はあったのですが、兄定昭もそうでしたが弟に知行を分けたために「交代寄合」身分に収まったのでした。

 

菅沼定芳の顕彰碑があの寺にあったのはきっと菅沼家最大の知行地を拝領した最盛の人であり、一旦改易された菅沼家が復活したの菅沼定盈の名とともに幕府勃興期の定芳の働きが顕著だったことからでしょう。

 

新城に復活した初代菅沼定実は宗堅寺という寺を丹波亀山から新城に移設していますがそちらが菅沼家菩提寺です(場所はここ)。

実はこの寺の存在は泉龍院の墓地でお会いした「菅沼さん」に紹介されたのでした。墓域には菅沼定実から11代の定長まで当家歴代の五輪塔群が立ち並んでいます。