安城行脚-木戸城

本證寺から1㎞ほどの矢作川堤脇の春日神社があります。

そちらがかつて木戸城があった址です。

成瀬正義は足助からこの地へ。

其の後川向うの現岡崎市六名の城で同僚を斬って出奔、菊川の西方へ逃げ込んだといわれています。

 

ほとぼりの冷めつつあった時、三河は一向一揆の動乱に。

正義はそのタイミングで家康に許しを得て岡崎衆として復帰します。

 

春日神社の北に木戸山長因寺という真宗大谷派のお寺がありますが、かつて改修された墓石群が神社の裏手にありそれを紹介する看板がありました。

 

同じ真宗であっても地方のそれぞれのご縁によって色々な伝承を受け継いでいます。