ホントは明智より朽木がお馴染み 福知山城朝暉神社

しかしあのトランプという男はハチャメチャです。

第三国イラクの上空に侵入させた米国飛翔体からミサイル攻撃をしてイランの要人を殺すという暴挙でした。

理由は「テロリストだから」とのことです。

それを言えば殺人OKと。

イランだって黙っていられないでしょうね。

戦争になれば罪もない人たちが巻き添えを喰らいます。

それをわかっていながら何故にそんなことができるのでしょうかねぇ

自らの弾劾から目を反らすという手法だそう。

ただの人殺し。国家という後ろ盾があるから「合法」と。

何しろお話にならないほどのバカでしょ、あの人は。

日本の政治屋さんも何とか言えば・・・だんまりしていないで。

 

お金持ちというのは何でもできると勘違いしているのでしょうね。ゴーンもそんな口でした。

イランの皆さんお願いですから、ここは一つ我慢を決めてください。

トランプ1人だけにその罪を償う機会を待ってください。

何も関係ない人を傷つけてしまう仕返しは控えてください。

「眼には眼を」の心情は大いに理解できますが今度の暴走はトランプ1人の独断なのですから。

 

「今そこにある危機」それはアメリカ大統領。

自国第一主義の風潮は世界崩壊の序章となりつつあります・・・

 

しかしトランプはビビッて当分外を出歩けないのでは・・・

飛行機の離着陸の際の地対空ミサイル、絶妙のターゲットでしょう。ハリウッド映画ばかり見ているとついそんな場面を想像してしまいます。

今度の彼の無茶振りにはイランに肩入れしたくなりました。

 

まぁ遠くから旗振りをするだけですが、今年中にアメリカ国民が何とかしなくてはね。

 

さて、福知山城天守の真下には鳥居と小さな祠のあるエリアが。

この神社の名が朝暉神社です。

 

常陸土浦藩2代藩主で後に丹波福知山藩主として入った朽木稙昌

( たねまさー昨日のブログの⑬) が父朽木稙綱(たねつな)を祀ったのが始まりといいます。

その後裔が天守下に建てたのが朝暉神社。

 

この朽木氏といえば近江北湖西、朽木谷住の「朽木」(→「江州佐々木南北諸士帳 高島」)が大元で、今俄かに言われ出した明智光秀文献上初登場の田中城とも近隣。

要は京都と琵琶湖に隣接した北陸へ下る要地。

 

あの信長の越前からの撤収劇、「金ケ崎の退き口」では稙綱の父朽木元綱が手をかして(朽木越え)の功労者となっています。

信長配下への取り立てはかなったものの朽木家は不遇、しかしながら秀吉には厚遇されていました。

 

関ケ原では当初大谷吉継とともに動いてていたといい、小早川の東軍参加とともに同調したといわれ、タイミング的に微妙な立場だったところから、家康の評価は低かったよう。

ところが元網の三男の稙綱が家光に仕えたことによって頭角を現して大名にまでなったということです。よって兄の本家筋とは違う「朽木」ということになりますが、大元は同じ佐々木源氏。四つ目結隅立ての紋が光っています。

 

誰が将軍になるかなど不確定ですが、自分の仕えていた人がたまたまトップに躍り出たりすれば、一気に王道を歩くことが出来るということ。田沼意次しかり・・・

いつの世も御屋形様次第。

 

昨年は地元で朽木入部350年の節目だったようですが、明智よりも断然この福知山といえば朽木の殿様のイメージだったでしょうね。時の重みいうものが違いました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    朝輝 耕介 あさひ こうすけ (日曜日, 10 5月 2020 17:14)

    私の根戸籍は大江町内宮に有り、、3代前迄の先祖(明治中期まで)は元伊勢皇大神社の宮司だったと聞いています。
    「あさひ」の読みからしてやはり関係があるのでしょうか?

  • #2

    今井一光 (日曜日, 10 5月 2020 20:48)

    ありがとうございます。
    コメントをいただき恐縮です。ただし私は朝輝姓の何たるかの知識はまるでありません。
    推測ですが、神職も家系として代々続いてる例が多々あります。
    また福知山城内にある同神社は藩主その仁政と領民との良好な関係を窺わせる神社でもありますね。
    明治維新の動乱で城と城下、殿様と民との概念が払拭されてその接点となったていた崇敬神社の意味も一旦消滅し、ご先祖様は以前の流れからそちらの宮司として入った可能性もありますね。
    あの神社の名とお名前が合致していることはただの奇遇では済まれない深い意味を考察できます。