菊川神谷城地区 火剣山、諏訪原城、小夜の中山

火剣山、諏訪原城、小夜の中山上記を地図上で確認しますと

こんな感じです。A火剣山 B諏訪原城 C小夜中山久延寺

今は火剣山(ひつるぎさん)と言えばこの地区では山頂から北西の尾根づたいに小夜中山、旧東海道へ辿れるハイキングコース、整備の行き届いたキャンプ場があります。

売りは勿論「自然との触れあい」でキャンプ場のHPを見れば「もしかするとカモシカに遭えるかも」とも記されていいるほどです。

 

 地図B「火剣山」は当大澤寺HPの「遠州歴史散歩」を参考いただければと思いますが、この山には諏訪原城対策の付城、火剣山砦が築かれていました。

天正元年に武田勝頼が高天神攻略の足場として諏訪原城を築城しますが、徳川方は諏訪原城の鼻っ先にあるこの山頂に諏訪原城対策として砦を築きました。

天然の要害の感、この山は上記尾根以外は谷に囲まれた独立した山で、敵陣の諏訪原城は一望、罵声まで届かせられるほどの距離にして主城高天神城から遠州灘、駿河湾まで一望にできるほどです。

尾根伝いには遺構が確認できるということですが、私はあいにく未だそのルートはチャレンジしていません。

火剣山は三郡(みごおり)山と云われ、榛原郡、佐野郡、城飼郡の三郡の接点にあたる場所にあります。

 

小規模の砦が比較的大規模な諏訪原城の目と鼻の先に簡単に作られて維持できたのはその立地です。

前述しました様に、両城の間には菊川が削った急峻な谷がありました。

その谷を「神谷城かみやしろ」地区と呼びますが地名を聞くだけで何か意味深な歴史を感じます。

 

静岡県のHPにこの「神谷城」についての記述がありましたので

抜粋してみますと。

 

「向こう三件両隣り、人情あふれるお茶の里」を表題に

★地域の中央部を流れる菊川を囲むように点在する170戸の

 静かな集落

★昔から地滑りが起きやすい地域近年、イノシシ・シカ等

 鳥獣被害に苦慮しています

 

 金谷と日坂・掛川方面を行き来するのみでは判りにくい場所です。

 

画像③は駿河湾焼津方面④は相良―空港線のバイパスの橋梁を望む図です。高天神城方面もかつては窺えたはずですが今は木々が茂って確認できませんでした。