成瀬谷 成瀬藤蔵正義 

成瀬藤蔵正義墓所
成瀬藤蔵正義墓所

午後からお墓参り。浜松の成瀬谷の墓所へ。

小和田さんのブログで旧暦の三方原(の戦い)の12月22日は今の暦にして

2月4日と。一週間ほど経ってしまいましたがふらっと行ってみました。

講談『湯水の行水』で鳥居四郎左衛門と成瀬藤三正義が庭先で「やせ我慢大会」を始めたのはその直前ですのでそれが史実としたら相当の極寒の中での事件ですね。

人に笑われても意地を張り続けるおっちょこちょいぶりには「感動」ものです。他人事とは思えません。

供華と焼香して手を合わせました。ありがとうございます。

この地域はナビの案内に任せると必ず極細のクランク道を案内させられいつも閉口させられます。犀ヶ崖という三方原の惨敗に一矢を報いた戦場も、浜松城ともそう遠くは無い場所です。いわゆる高級住宅街に佇んだ場所にあり、墓所の裏側には住宅が見えます。古くから成瀬谷と呼ばれていたそうです。当墓所曹洞宗宗源院は彼が亡くなった場所の近くにあった寺でたまたま葬られたのでしょうか。今川義元、氏真に庇護を受けた寺と聞きます。葬儀もこちらで執り行われたものと・・我が寺に伝わる位牌の戒名と同じものが記されています。

当時の徳川家は一向宗への帰依が「引き気味」の空気でしたので致し方なかったのですが、以後門徒寺に入る妻妙意にしては一つ想うことがあったことと。