足助次郎重範

         足助成瀬家の祖

1292年(正応5年)- 1332年(元弘2年・正慶元年)5月3日)

足助氏七代当主 以下重範絶賛の尋常科用 小学國語讀本 巻十より 

(昭和13年当時の教科書。幕府軍は「賊」になっています)

 

『元弘の昔、賊の大軍、笠置山の行在(あんざい)所をおそい奉りし時

足助次郎重範は、一族を引き連れて一の木戸を守りいたり。

賊はその勢七万余、岩角を伝い、かずらに取り付き、未明に乗じて

一の木戸にせまりくる。

時に重範、木戸の上なる櫓に上りて、名乗りけるは、

「三河国の住人足助次郎重範、かたじけなくも一天の君に命を捧げ

まいらせて此の木戸を固めたり。万乗の君のおわします城なれば

大将軍の御出であらんと心得て、大和鍛冶の鍛えたる良き矢じりを

少々用意致して候。一筋受けてごらんじ候え。」と

三人張(三人がかりで弦を張るような強弓)の弓に十三束三伏(じゅうさんぞくみつぶせ-矢の長さ- 握り拳13分と指3本分の長さの意 普通は十二束)の矢をつがえ、満月の如く引きしぼりて、ひょうと放つ。

その矢、はるかなる谷をへだてて、ひかえたる荒尾九郎が甲を通して

脇腹まで貫き抜ければ、荒尾は馬より真逆さまどうと落ちて、その場に

死す。弟、弥五郎、これを敵に見せじと矢面に立ちふさがり、進み出で

「足助殿の御弓勢(ごゆんぜい)日頃承り候いし程にはなかりけり。

ここを遊ばし候え。御矢一筋受けて、甲の程をためし候わん。」

と、胸を叩いて声高らかにののしれば

「さらば、今一矢仕り候わん。受けてご覧じ候え。」

と、十三束三伏、前よりもなお引き絞りて、はたと射る。

狙い違わず、弥五郎が兜の真向くだきて、眉間の真中にぐさと

射込みたりければ、物をも言わず兄弟同じ枕に倒れたり。

これを戦の初として、寄せ来る敵を射倒し射倒し、防戦に努めければ

雲霞の如き賊兵も引退き、ただ城の四方を囲みて、遠攻めにする

ばかりなり。

 其の後、関東の大軍至るに及び、城遂に陥り、重範惜しくも捕え

られて六条河原に斬られる。

重範死してここに六百余年、忠義にかおる弓矢のほまれは、年と共に

いよいよ高し。』