薬の能書き

薬の能書きが記された木版です。

大澤寺は薬なんぞも関わっていたのですね。

もっとも医者と坊さんは「ほぼ同じ」の時代が永くありましたし

不思議はありませんが・・・

「幹事」とあるので推測するにその頃の総代(今の大平薬局さん?)が

調合した薬の効能を寺が承認して出しているという図でしょうか。

ハッキリとした時代は不明です。

 

能書改代

 

癰疔(ようちょう-はれもの)、痛風、

并風のこもり、一切のはれものによし

 

ことごとく味醂酒にて用ゆべし

 

禁物

一油け

一もちけ

一川うを

一あをな

一海草類

一水

       遠江相良

          大澤寺幹事製